眼鏡・サングラスのUVカット効果

「濃い色のサングラスをかけると、瞳孔が開いて紫外線をより取り込みやすくなってしまうので良くない」との噂を耳にしますが、本当でしょうか?

 

まずサングラスを選ぶ際に重要なのは、「紫外線透過率」です。紫外線透過率1%以下、0.1%以下などと表示されているものを選ぶようにしてください。ものによってはUVカット率99%以上と表示されていることもあります。

 

色の濃さは「可視光線透過率」と言って、この値が高くなればなるほど光をより遮るため、視界は暗くなります。濃い色のレンズをかけた場合、確かに瞳孔は若干大きくなります。ですが、紫外線透過率がほぼ100%のレンズであれば紫外線をほぼ完全にカットしてくれるため、瞳孔が多少開き気味になっていていも紫外線は十分防ぐことができます。

 

結論として、「サングラスの色は薄いほうが理論上確かに紫外線対策としてはより完璧に近いが、実際それほど差はない。紫外線透過率の高いサングラスであれば色の濃さにかかわらず紫外線対策として有効」と言って良いと思います。(逆に色が透明に近いとまぶしさを軽減する効果は期待できないため、炎天下ではある程度の濃度が良いのかな、と思います。)

 

当店の商品もそうですが、中には紫外線透過率やUVカット率の表示がないものもあります。眼鏡屋の商品としては、UVカットは当たり前のことですので・・・。サングラスはいろんな場所で売っていますので、不明の場合は確認の上買われたほうが良いかもしれません。

 

ちなみに眼鏡のプラスチックレンズも最近はUVカット付きが標準ですが、既成老眼鏡ほか対象外の商品もありますので、ご確認ください。